【剣盾s32 最終1729位/レート1738  最高レート1806】ブラックキュレムソルガレオと厨ポケ禁止道2

3度目のナスBです。またしても最終3桁は逃しましたが、今回も使用率50位以下でレート1800乗せたので書きます。

 

TN:ナスB

最終1729位、レート1738 / 最高レート1806

 

〈使用PT〉

〈構築経緯〉

ザシアンを気にしないダイマエースが欲しくソルガレオを採用。ソルガレオでは相手しづらい特殊アタッカー全般に強く出るためにチョッキBキュレムを採用。バド対策にバルジーナ。タスキ枠に相性補完の良いコケコ。

残りの2枠は、初めはナマコブシカビゴンを採用していたが、身代わりホウオウやジガルデに何度もはめられたため、ミロカロスウインディを採用した。

 

〈個別紹介〉

ブラックキュレム@とつげきチョッキ

特性:テラボルテージ

性格:しんちょう

実数値:223(180)-190-120-126-154(236)-127(92)

技:つららばり/クロスサンダー/ぜったいれいど/フリーズドライ

調整:HP16n-1、D11n、s準速ガマゲロゲ抜き

 

ムゲンダイナ、カイオーガ、サンダー、イベルタルあたりのポケモンに対して様子見兼削り役としてこの型。ぜったいれいどはポリ2、コスパダイナ、あまえるラッキーを崩すために採用(といいつつお祈りプレイも多少入ってる)。フリーズドライは水地タイプに刺さるだけではなく、ランドロスカイオーガでいかくを回してくる相手などに中間択として打てるように採用。実際かなり刺さった。

欠点としてはとにかくザシアン日ネクロズマに対して何もできないのが辛かった。

 

ソルガレオ@いのちのたま

特性:メタルプロテクト

性格:ようき

実数値:239(212)-158(4)-128(4)-×-114(36)-163(252)

技:メテオドライブ/サイコファング/フレアドライブ/あさのひざし

調整:HSベース

 

ダイマエース。ダイマエースならHPの管理したいな→あさのひざし入れよう→なら耐久にも振ろう→火力ないから珠持たせよう。こんな感じで出来上がった型。実際この調整が生きたのかどうかはわからないが、ダイマエースとして強いのは確かだった。(ようき珠AS振りの場合無振りランドロスをダイスチルで確定1発なので気になる人はASぶっぱで良いと思う。)

 

バルジーナ@たべのこし

特性:ぼうじん

性格:しんちょう

実数値:217(252)-85-127(12)-×-154(196)-106(44)

技:イカサマ/はねやすめ/どくどく/ちょうはつ

調整:HDベース

 

対黒バド。ソルガレオで先切りダイマしても黒バドを処理できたり、覚える技が優秀なため受け構築に対して強かった。ただし、黒バドに強いのが見かけ上バルジーナだけなので、交換読みトリックやダイフェアリーはめっちゃ打たれた。

 

ウインディ@ゴツゴツメット

特性:いかく

性格:ずぶとい

実数値:191(204)-×-143(236)-121(4)-107(52)-117(12)

技:かえんほうしゃ/あさのひざし/おにび/ほえる

調整:HBベース

 

対ザシアン。ミロカロスをPTに入れてる都合上ナマコブシとのタイプ・役割かぶりを嫌って採用。ザシオーガに対して回復が安定しなかったり、ステルスロックが痛かったり、そもそもザシアンを受けるのがぎりぎりなため限界を感じた。いかくが入ったザシアンになら勝てる!といったポケモンも特にいないためザシアンはずっときつかった。

 

カプ・コケコ@きあいのタスキ

特性:エレキメイカ

性格:おくびょう

実数値:145-×-105-147(252)-96(4)-200(252)

技:10まんボルト/くさむすび/マジカルシャイン/でんじは

調整:CSぶっぱ

 

タスキ枠。イベルタルに選出段階でほんのり強かったり、ゼクロムに強い。スイーパーとしての役割も優秀で、「コケコが裏にいるから」という理由で先行ダイマックスを躊躇なく切ることもできた。

 

ミロカロス@かえんだま

特性:ふしぎなウロコ

性格:ずぶとい

実数値:199(228)-×-143(244)-120-145-106(36)

調整:HBベース

 

3回目だけども同じ型。上振れの押し付けを拒否しつつ上振れを狙える優秀なポケモン。ホウオウ・ジガルデに対してのストレスを軽減させてくれる。まひをもらわずに火炎玉を発動せる隙を作るのが前々シーズンより少し難しくなった印象。

 

〈選出等〉

基本はソルガレオで先切りダイマして数的有利を作る→受けポケ+コケコで詰めるというのを意識して対戦していた。↓細かい選出

 

対伝説2匹は選出。残りの1枠は取り巻きに多い当りに強くバドレックスとも殴り合えるキュレムを選出することが多かった。ステロをまかれたくないため先発にキュレムを置き、サイクル戦をする。サイクルがはまればバルジーナイカサマが一貫したりするので勝てるが、相手選出の残り1枠がだったりするとが過労死するため押し切られてしまうことが多かった。選出が良くても5分、嚙み合わなければ負けるので安定しなかった。

 

or

先の選出は初手を出し、ならダイマックスならに交換。サイクルを回しつつソルガレオダイマックスできれば比較的崩しやすい。

後の選出は初手を出し、でんじはを伝説枠に入れる。どちらかが麻痺すればこちらの伝説のどちらかを通せる。こちらの選出は相手PTにウーラオスが入っていたときにしていた。

相手の残りの1枠がカバルドンの時の崩し方が最後まで分からなかった。

 

@1

相性上ガン有利だったので負けることはなかった。いつTODを仕掛けられても困らないように残ポケ数は絶対に不利にしてはいけない。

 

ウインディに対してイベルタルを合わせられるときつい。そのため釣りだしがどれだけ成功するかで勝敗が決まる。ザシバド同様噛み合っても5分、噛み合わなかったら即負けなので安定はしない。ただ、イベルタル入りとは何回が当たったがコケコを警戒してか出されることは多くはなかった。

 

〈きついポケモン

ほとんどすべてのPTに入ってるくせに先述したように受けがぎりぎりなのできつい。急所や釣り交換の恐怖におびえながら戦っていた。一番対峙する最強ポケモンへの対策が甘いのはよくなかったかもしれない。かといって対策は思いつかないので無理です。

地面・格闘技がないため中々倒すことができない。ディアルガ側はこちらに負担をかける技をうってくるのでディアルガ1体に崩壊させられる。当たったら負けだった。

物理か特殊かわからない上に技範囲がこちらのPTに刺さる。ディアルガほどではないが当たったら負けを覚悟していた。

PTに火力がないのでどうやって突破していいかわからない。ミロカロスで状態異常を引けるのを祈りながらごまかしてた。きつい割には勝率は悪くなかった。

実際に選出されはしなかったが、されたら困っていたであろうポケモン

当たらなかったが、当たっていたら困っていたであろうポケモン



 

〈感想等〉

今回最終3桁のボーダーを踏めたにも関わらず潜り続けて溶かしたのが本当に悔しかったですねー。6シーズン中半分はレート1800踏めたのは嬉しいことでもあります。禁伝2体ルールはあと1シーズンですが、最後まで戦おうと思います。それではまた~

 

www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com